過ぎ去る時間 歌詞 優希比呂 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手優希比呂暫存過ぎ去る時間

優希比呂



歌詞
專輯列表
相關影音

優希比呂

過ぎ去る時間

作詞:七海陸
作曲:梅村圭

ただまっすぐに延びてく
この道を向こうを
ぼくはいつも見据えて ただ歩いてた
アスファルトのほころび
つまづいた視界に
芽生えている緑がぼくを笑った

「何故 うずくまったココロ置き去りに どうしてそんなに急ぐの?」

忘れかけた哀しみに似た
せつなさをたたえた風景の中で
ただぼくを
遠く近く 見つめ続けた
昨日までのぼくが笑って手を振る そんな気がした

立ち止まった見上げた
果てしない夜空に
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
浮かんでいる満月
君が指差す

「もう 凍りついたココロを許して あしたは必ず来るから」

深く浅く くり返す夢
君がつぶやいてた未来をはじめて
感じてる
今日も明日も僕は歩いて
探しつづけていたい

君が見つめてる 希望の破片(かけら)

忘れかけた哀しみに似た
せつなさをたたえた風景の中で
ただぼくを
遠く近く 見つめ続けた
昨日までのぼくが笑って手を振る そんな気がした




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網


優希比呂
所有專輯
> 暫存


わざ 月あかりの みんなが集まれば 君は天使 あの時 同じ 桜の木の下 しまじろう 高く もっ 拗ねた顔 愛のメロディー さようならな ひ りぼっちの君 変わらないよ 君 出会った 帰れる クリスマスソン 忘れない 戻れない 押し殺 まだわからない 裸足で Summer